仙台でもやっぱり一重まぶたより二重まぶたに憧れる

仙台でも女性では特に憧れが強く、一重まぶたから変えたいと思う人はたくさんいます。その理由として二重まぶたは、履歴書や証明写真などの写真写りが表情豊かに見えるなど様々あります。
実際に欧米人などの顔立ちの良い有名人には一重まぶたの人は少数派です。また、確かに目はぱっちりと見えます。女性を対象に一重まぶたと恋愛に関する意識調査をリサーチ会社が行った結果、1000人中半数以上の人が一重まぶたではないことが分かっています。
また9割以上の女性が一重まぶたを変えたいですか、という質問に対し、はいと答えています。もともと一重まぶたは日本などのアジアの人に多く、やはり意識的に矯正している人が多いことが伺えます。仙台でもこのように一重まぶたよりも憧れる女性は多いのです。

二重まぶたは3種類に分けられる

一言にまぶたと言っても正確には3種類に分けられています。まずそのうちの一つが奥二重と呼ばれるものです。まぶたの溝と溝の幅の間隔が極端に狭い為、一重まぶたと間違われてしまうことが多いですが、奥二重というれっきとした二重まぶたです。自分では一重まぶただと思っていたら、人から指摘されて気づくケースも多いです。
二つ目が平行型二重まぶたと呼ばれるものです。こちらはまぶた全体的に見て、均等に目頭から目尻にかけて溝の間隔幅が一定であるものを指します。こちらは欧米人に多く見られる特徴で一番形が整って見えます。またこの平行型になっている人の数も一番多くこちらの形が主流といえるでしょう。
そして最後に末広型二重まぶたで、こちらはその名の通り末に向かっていくごとに溝の間隔幅が広がっていく特徴のまぶたです。目尻に向かっていくに従いどんどん溝と溝が広がっていきます。こちらのタイプは特に日本人に多く見られるのが特徴で、日本人は蒙古襞というまぶたのひだが発達しているためこのタイプになる人が多いのです。このように3種類のまぶたに分けられているのです。

日本人に多い末広二重まぶたにピッタリのメイク

二重まぶたの中でも形がよくバランスが取れているのが平行二重まぶたで欧米人に多いのが特徴ですが、日本人がこの種類のまぶたに憧れる人も少なくありません。そのため本当は末広型になっているにも関わらず無理にこの平行型にする人もいます。
しかしまぶたはその人その人にあったパターンがあり、無理やり矯正したりすると逆に不自然な顔になってしまう可能性もあるのです。そこで末広型にピッタリのメイクをご紹介します。まず一番のポイントは下まぶたにもアイシャドウをいれます。明るい系の色を使用し目頭から黒目の下にかけて入れていきます。これだけで目元がぱっちりと見えるようになります。
次にアイラインは茶系のものを使用しまつ毛の生え際ぎりぎりのところに細くスーッと入れます。そして最後にまつ毛ですが、まつ毛はあまり主張させ過ぎると目が小さく見えることがありますので緩めに仕上げます。これらを意識したメイク法ですと末広型でもとても印象が良い仕上がりになります。

ピックアップ記事

二重まぶたのための全切開法は、仙台でも受けられる

二重まぶたにするには方法が2種類あり、一つは埋没法という切らない施術ですが、全切開法というもう一つの方法があります。埋没法ではすぐに一重に戻ってしまう人にはおすすめの施術法で、まぶたを3センチ程度切っ...

仙台で二重まぶたにする、まぶた埋没法とは

仙台でも二重まぶたにするには皮膚を切ったりしなければならないと思っている人も多く、二重なりたいけど皮膚を切るのが嫌で躊躇している人もいます。しかし皮膚を切らずに行う施術法もあります。それが埋没法と呼ば...