メイク方法を工夫して仙台で手に入れた憧れの二重まぶたをもっと素敵に

二重まぶたは、一重まぶたに比べてアイメイクの仕方が異なります。また一重まぶたに比べてアイメイクが難しく、シャドウやラインの入れ方が悪いととても見栄えが悪くなってしまいます。
今まで一重まぶただった人が、アイメイクの仕方が分からず困惑してしまったと言うのはよくあることでしょう。また一言で二重まぶたと言っても、末広型なのか、平行型なのか、または奥二重なのか、溝の幅によってもそれぞれ効果的なアイメイクの仕方が変わってきます。
ここでは仙台で一重まぶただった人が困らないように、また自分のまぶたに合わせてアイメイクができるように、種類別に効果的なシャドウやラインの入れ方などを解説します。

仙台でも話題、奥二重に効果的なアイメイク

奥二重にもまぶたが半分被ったタイプと溝間隔が全体的に狭くなっているタイプがありますが、どちらも基本的には同じやり方です。奥二重ではアイラインを濃く描き、色の濃いアイシャドウなどをのせてしまうとまぶたのラインがうずもれてしまって目が小さく見えてしまいます。
そのため奥二重では色が濃くなりにくいベージュブラウンやライトブラウンなどの色の薄い明るい茶系のアイシャドウを選択し、目のキワ全体にのせていきます。そして目のキワから上へ向かってぼかしていき、アイホール全体に馴染ませます。さらに追加でオレンジ系の明るい色を下のまぶたにのせると目を大きく見せることができます。
次にアイラインは、二重のラインになり始めている箇所からスーッと細く引いていきます。目尻にかけて細く引いていき、最後に目の終わりから2ミリか3ミリ余計に引けば、幅広の目に見せることができます。そして、仕上げに目頭にも切開のラインを入れればできあがりです。

仙台でも流行っている末広型や平行型の二重に効果的なアイメイク

通常のまぶたには2種類のまぶたがありますがそのうちの一つが末広型です。このタイプのメイク法はまず目頭部分の溝が細いため、黒目の上部分から目尻にかけて重点的にメイクしていきます。目の上の部分のアイホールに明るい茶系のアイシャドウを馴染ませベースを作ったら、締め色を黒目の上部分にのせます。
溝の細い部分はあえて手を入れないことで、バランスも取れて目も大きく見せられます。アイラインも黒目の上と目頭のみに引き他は手を加えません。切開ラインも引かずに目尻にだけ数ミリ程度のオーバーラインを引きます。このように末広型は目尻に重点を置きます。そしてもう一つが平行型ですが、こちらはもともと溝がはっきりと分かるためアイメイクをしなくても目が大きく見えますが、目が腫れぼったい感じに見られてしまうこともあります。
こちらのアイメイク法はベースとなる明るい茶系のアイシャドウをアイホールにのせベースをつくったら、締め色のダーク系の色を目のキワにのせ上へ向かってぼかしていきます。一番良いのはブラウン系で、すっきりとした顔に見せられます。アイラインは目を開けた状態で1ミリぐらいの太さになるように引いていき、目尻のオーバーラインや目頭の切開ラインは控えめにします。このようにすることで、もともと大きな目に見える平行型でもバランスよくアイメイクを完成させることができます。

ピックアップ記事

二重まぶたのための全切開法は、仙台でも受けられる

二重まぶたにするには方法が2種類あり、一つは埋没法という切らない施術ですが、全切開法というもう一つの方法があります。埋没法ではすぐに一重に戻ってしまう人にはおすすめの施術法で、まぶたを3センチ程度切っ...

仙台で二重まぶたにする、まぶた埋没法とは

仙台でも二重まぶたにするには皮膚を切ったりしなければならないと思っている人も多く、二重なりたいけど皮膚を切るのが嫌で躊躇している人もいます。しかし皮膚を切らずに行う施術法もあります。それが埋没法と呼ば...