仙台で二重まぶたにする、まぶた埋没法とは

仙台でも二重まぶたにするには皮膚を切ったりしなければならないと思っている人も多く、二重なりたいけど皮膚を切るのが嫌で躊躇している人もいます。しかし皮膚を切らずに行う施術法もあります。
それが埋没法と呼ばれる施術法です。メスを使うことなく、ナイロン製の医療用糸をまぶたの内側に埋め込んで二重まぶたにすることができます。別名クイック法ともよばれ十数分程度で簡単に終わらすことができるためとても手軽で人気が高い施術法となっています。またやり直しすることができるため気に入らなかったら元に戻すこともできます。この糸は髪の毛よりも細く当然施術後にこの糸が目立つことはありません。

仙台の美容整形埋没法その1瞼板法

埋没法にも更に2種類のやり方があるのですが、そのうちの一つが瞼板法と呼ばれる施術法です。施術自体は一点留め、二点留めで、数箇所留めるだけの簡単施術法です。
瞼板法は、まぶたの裏の軟骨組織部分である瞼板を糸で結ぶ方法です。施術時間は5分から10分前後ととても短く、術後も肌が腫れにくいため、非常に手軽にできます。その半面、顔の筋肉の変化によっては元に戻りやすくなることもあります。こちらの施術法では通常まぶたの裏に糸が出てしまうのですが、ループ状に糸を通す施術法を用いるところもありますので糸が出ない場合もあります。
基本的にこの施術法が向いている人と言うのは、顔の皮膚にたるみが少ない人です。瞼板法は戻りやすいという特性がありますので、皮膚のたるみが多い場合はこの瞼板法の効果が半減してしまう場合があるのです。

仙台の美容整形埋没法その2挙筋法

こちらは瞼板法とは逆で、皮膚のたるみがある人向けの施術法で、現在埋没法の主流はこちらの挙筋法となっています。埋没法は基本的に糸を通す部位の違いだけなのですが、瞼板法が糸で留めるだけに対してこちらは糸をしっかり通します。
まぶたを引き上げる筋肉組織の眼瞼挙筋へ糸をしっかり通し、輪っか状にして眼瞼挙筋とまぶたの皮膚を糸でつなぎます。糸を入れる範囲が広いため瞼板法のように戻りやすいと言うこともなく、しっかりと二重まぶたを維持することができます。また糸は瞼板法とは違い瞼板を通しませんので眼球を傷つけてしまうリスクもなくとても安全な施術法です。
しかしこちらの施術法は、まぶたを縫う施術となります。糸の結び方や結び加減など医師の技量が施術結果にあらわれてしまう方法でもあります。施術前には医師をよく選び、何回かカウンセリングして信頼できる医師を見つけることが重要です。

ピックアップ記事

二重まぶたのための全切開法は、仙台でも受けられる

二重まぶたにするには方法が2種類あり、一つは埋没法という切らない施術ですが、全切開法というもう一つの方法があります。埋没法ではすぐに一重に戻ってしまう人にはおすすめの施術法で、まぶたを3センチ程度切っ...

仙台で二重まぶたにする、まぶた埋没法とは

仙台でも二重まぶたにするには皮膚を切ったりしなければならないと思っている人も多く、二重なりたいけど皮膚を切るのが嫌で躊躇している人もいます。しかし皮膚を切らずに行う施術法もあります。それが埋没法と呼ば...